施術者プロフィール-小林-

私が健康について考えるようになったきっかけは、昔から肌が弱く肌荒れが常にひどかったことや中学生の頃に外反母趾と側弯症を発症しており、身体のトラブルに対して悩みを抱えていた事からでした。

どうしたらそういった悩みが解消するか、あの頃特にコンプレックスだった肌トラブルを解決するため美容クリニックへ行きました。ですが処方された薬ではなかなか改善につながらず、通うことを断念…。その後、たまたま友人に勧められたエステサロンへ行くことにしました。

そこで驚いたことは、人によって様々な理由の悩みがある為、カウンセリングでトラブルの原因を突き止め、その人に合った最善のケア方法を決めていくというものでした。

その親身になってくれる姿を見て、とても安心したことを覚えています。

自分に合ったケアや丁寧なカウンセリングのおかげで、何年も悩んでいた肌荒れが改善し
とても感動しました。

このことがきっかけとなり、人に癒しを与えるマッサージと、人を綺麗にすることができる「エステティック」という概念に惹かれ、美容の専門学校へと進学します。

美容専門学校を卒業後、念願のエステティシャンとなり「心も体も美しく」を提供するトータルビューティーサロンのエステティシャンになることを目標に頑張りました。

そんな日々にとてもやりがいを感じられるエステティシャン時代でしたが、実際の仕事は華やかなイメージとは裏腹に、とても体力仕事でした。

気がつけば帰りがいつも終電ギリギリの時間になってしまい体への負担がさらに増え、元々持っていた外反母趾や側弯症により腰の痛みや足の痛みに日々悩むようになりました。

また、サロンに来られるお客様の中にも「疲れ、腰痛、むくみ、足の痛み、不眠、肌荒れ」で悩んでいる方を沢山見かけました。

足腰の痛みを訴える女性のほとんどが「外反母趾」でした。その時、自分以外にも同じように悩んでいる方が多くいることを知り、何とか改善できないかと考えるようになりました。

年々足腰の痛みは増していく一方でした。

二時間ほど歩くとしびれて痛み出し、体力を使うこの仕事にも限界を感じ始め、どうにかならないかと整体を訪ねることにしました。

その後定期的に整体へ通いましたが、一時的に楽になっても、時間がたつと再び痛み出し、根本的な改善にはつながらず悩みはずっと続きます。

なかなか痛みが取れず諦めかけていた時、整体師である父が中島先生の「ゆるかかと歩き」というものを教えてくれました。

そこで分かったことは、根本的な原因である自分の普段の立ち方や歩き方の癖を見直して、正しい歩き方を習慣化させるのが重要ということ。

その時初めて自分が間違った歩き方をしていたことに気づいたのです。

今までのように体が痛み出してからどうにかするのではなく、自分自身の力でそうならないように防ぐことができるということにとても感動しました。

正しい歩き方で歩くと、曲がっていた背筋が自然と伸びて腰や足への負担が減り、夜眠れないほど痛かった足腰の痛みが消え、とても驚きました。

さらに、朝起きてからだるく重かった体がたちまち軽くなり、寝起きがいいと自分の体調や仕事に対するモチベーションが上がり、疲れてボロボロだった肌もたちまち良くなり、喜びで胸が躍るようでした。

今ではフットサルやバスケなど、これまで避けてきた趣味のスポーツにも楽しくチャレンジできるようになるほどです。

その時にふと少し前の自分を思い出し、感じたことは「健康なくして美容は語れない」でした。

美しく健康的な生活を送るためには生活習慣から見直していく必要があり、そこにはその指導者が必要であるということに気づきました。

このことを多くの方へ伝えていくためには美容知識だけでは難しいと限界を感じ、美容提供者から指導者へと考え方を変え、外反母趾の治療に目を向け始めました。

身体の悩みや年齢で諦めず、好きなこと、やりたいことを妥協せずに続けられる生活は誰にでも手に入れられます。

私は同じ悩みを抱えているより多くの方に「ゆるかかと歩き」に秘められた可能性を日々発信し、今までの美容知識を今後も活かしながら、健康的で豊かな生活を提供していきます。